その他相続情報

子供たちが相続で争わないよう、生前準備しましょう

相続対策には以下のようなものがあります。

生前贈与を利用して財産を減らす
暦年課税による贈与、配偶者への居住用財産の贈与、相続時精算課税制度の利用、一代飛び越し贈与などです。
所有財産の相続税評価額を下げる
不動産の有効活用、土地の利用形態の変更、預貯金から減価財産(家屋等の取得)への組替えなどです。
無理のない借金を作る
資金繰りには十分に検討し、遺産を分割しやすくする。
納税資金対策
事業用土地の収益性の向上、生命保険の活用、物納財産の確保などです。
養子縁組制度を利用して相続人を増やす
ただし、法定相続人の中に養子がいる場合、その養子の数について、実子がいるときは1人まで、実子がいないときは2人までしか法定相続人の数に入れることはできません。
遺言書の作成

お問い合わせはこちら